【日本と全然違う?】イギリスの教育制度についてまとめ

ボクは現在イギリスの大学に所属しているのですが、日本とのギャップに驚かされることが多いです。

特に教育面では、学部が3年制だったり、修士が1年で取れたり。。。

ということで、今回はイギリスの教育制度について時系列順にまとめてみました。

ざっとこんな感じ

では、詳しく解説していきます。

4歳〜5歳 Reception

幼稚園を卒園後、子供達はReceptionとよばれる小学校準備コースに入学します。ここでは、初歩的な算数や英語を学びます。

5歳〜11歳 Primary School

日本より1年早い5歳から、子供達は小学校に入学します。
小学校は2つのキーステージ(Key Stage)に別れています。

Key Stage 1 5-7歳 Key Stage 2 7-11歳

それぞれのステージ終了時にはSATs(Standard Assessment Tests)を受けます。

SATs

  • 英語と数学の筆記試験
  • 失敗すると留年などする訳ではなく、クラス分けの参考となる。
  • 結果はホームページに公開され、親が学校を選ぶ際の参考となる。

小学校レベルから、ここの学校は頭がいいなどの情報が数値ではっきりわかるんです。そのため頭の良い学校の周りには高所得者が集まって、そうでない学校の周りには貧困層が集まります。

[voice icon="https://hikitaro.com/wp-content/uploads/2019/06/40089718.2b41005ba0d1899a3f0bf130c1f85933.19060315-1-e1561226485604.jpg" name=“ユウガ” type="l"]階級社会ってやつです。でも日本でもそういうのはありますよね。[/voice]

11歳〜16歳 Secondary School

小学校の卒業後は日本では中学〜高校2年生に当たる、Secondary Schoolに入学します。

Secondary schoolも2つのステージに別れています。

Key Stage 3 11-14歳 Key Stage 4 14-16歳

Key Stage 3の終わりには、Key Stage 4で専門的に学ぶ科目を決めます。日本でいう文理選択のようなものです。

そしてKey Stage 4の終わりには、GCSE (General Certificate of Secondary Education)を受けます。

GCSE

  • Secondary School修了を証明する。
  • 7科目-12科目
  • 全てがテストではなく、授業での評価なども含まれる。

成績証明書+学力テストの結果といった感じです。

この結果によっていけるCollegeやUniversityが決まります。このテストは結構重要で、生徒の将来に直接関わってきます

ある一定成績を取らなければ大学にいけなかったり。。。

16歳-18歳 Further Education

ここからの進路は大きく分けて2つあります。

  1. 大学へ入るために勉強
  2. 職業訓練を受ける

それでは1つずつ見ていきます。

大学へ行くための勉強→Academic qualificationの取得

イギリスの大学に入学するためには、Academic qualificationを取得することが必要です。
これは自分の学力レベルを証明するもので、A-levelIBという共通試験を受けることによって取得できます。日本でいうセンター試験です。

この時期は高3〜予備校に近く、Sixth Formと呼ばれる学校で試験の準備に集中します。

職業訓練を受ける→Vocational qualificationの取得

大学に行かず働きたいという人は、職に就く前に必要なスキルを身に着けます。日本でいう専門学校職業訓練といった感じ。コースを修了後Vocational qualification(職業訓練資格)を取得します。

イギリスでは18歳までが義務教育になっています。

17歳〜 Higher Education

大学

A-levelを取得し大学からオファーもらうと、大学生になれます。Six-formには、A-levelを1年で終わらせることができるファーストトラックがあるため、最短で17歳から大学生デビュー

イギリスの学部課程の長さは、地域やコースによって異なります。

具体例

ちなみにボクのコースは3年で終わります。

21歳〜 大学院

大学卒業後は就職活動をするなり、大学院に進学するなり。

修士課程(Master):最短1年で修了 博士課程(Ph.D) : 3-4年

といった感じ。

まとめ

イギリスの教育制度

年齢教育
4-5 Reception
5-7 Primary Education(key stage 1)
7-11 Primary Education (key stage 2)
11-14 Secondary Education(key stage 3)
14-16 Secondary Education(key stage 4)
16-18 Sixth Form (A-level)/職業訓練
17- 学部課程/職業訓練
21- 修士課程
22- 博士課程

[voice icon="https://hikitaro.com/wp-content/uploads/2019/06/40089718.2b41005ba0d1899a3f0bf130c1f85933.19060315-1-e1561226485604.jpg" name=“ユウガ” type="l"]日本との大きな違いは、一発逆転が難しいこと。日本ではテスト本番で良い点さえ取れれば良い大学に入れるけど、イギリスではその前の成績やテストも合否に関係してきます。[/voice]