【全部無料】英語を勉強するのにオススメなサイト3選

この記事のターゲット:英語をなるべく安く上達させたい人

英語教材は本屋に行けば山ほどありますが、インターネットさえあればタダで、誰でも英語を上達させることができます。

ですが、インターネット上には本屋の何倍もの情報があります。その中から良いサイトを選ぶのは、なかなかきついです。

今回はそんな中から僕がみなさんにオススメするサイトを、その理由とともに3つを紹介します。

1.BBC News Review

BBC Learning Englishは、さまざまな英語学習プログラムを無料で提供するサイトです。 結構有名なんで知ってる人も多いかと思います。

このプログラムは主に

  1. ニュースの紹介
  2. ニュースのヘッドラインに使われている表現の説明
  3. その表現の他の使い方

といった感じの内容となっています。二人のパーソナリティーの掛け合いによって進んでいきます。

推しポイント

  • 聴きやすい英語
  • ニュースも一緒に学べる
  • 映像つき

BBCの英語プログラムは、学習者が聞き取りやすいようにはっきりと発音してくれるので初心者の方でも理解しやすいと言えます。

また、ニュースは結構トレンディーなものを扱っているので結構面白いです。

iTunesに関するものから、トランプの難民政策に関するものまで幅広いです。

さらにこのコンテンツには映像もついてるので、聞き取れない時は話者の口の形をみて判断したり、どんなジェスチャーを使ってるかなども学べます。

同じBBCの英語プログラムで6minutes Englishというプログラムもあり、そちらはあるトピックについて学びながら6つの表現を学ぶというものです。

こちらも同じく聞き取りやすいし、トピックも興味深いんでオススメです。

2.NHK World

NHKが主に外国人向けに日本のニュースや文化を発信しているサイトです。

英語を学ぶ日本人の皆さんにもオススメです!

推しポイント

  • 親しみのある内容
  • 外国人向けである

こちらのサイトはBBCのプログラムとは違って、英語話者向けのものです。なんでリアルな英語を聞きたいと思っている中級者のひとにはオススメです。

また、日本に関するトピックが多いので英語が理解できなくても内容がわかることが多いです。

そのため、自分で「この単語はこんな意味があるんだー」

といった感じで予想できるので、いちいち調べなくてよくて便利です。

また、特に日本に興味のある外国人向けに作られているので、日本がどう世界に売り出されているのか知ることもできます。

3. NPR All things considered

NPR (National Public Radio)アメリカの国営ラジオで、主にアメリカのニュースや世界のニュースを配信しています。

このNPRが提供するAll Things Consideredというプログラムが英語の勉強に向いています。

このプログラムは、リポーターがニュースを紹介し、その後現地リポーターに話を聞いたり(現場の〇〇さーんみたいな感じです)インタビューしたりといった感じです。

推しポイント

  • トランスクリプトがある
  • いろんな英語の発音を聞ける

トランスクリプトとは、プログラムの内容を記録したものです。

一語一句そのままなんでシャドーイングなどにも使えます。

また世界中の人にインタビューするため、インド訛りの英語、フランス訛りの英語なども聞くことができます。

いろんなアクセントに慣れておくのは、将来英語を使ってコミュニケーションを取りたい人にとっては結構大事です。

ただ、ニュースは結構アメリカ寄りで、馴染みのないものが多いので中級者〜上級者向けです。

ウェブサイトの良い点はやっぱりどこでもできるところです。電車に乗っている時など、スマホ1つあればできるので時間を有効に使うことができます。